退職して給料がなくなったとき生活に困ることになります。この時には失業保険の給付が受けられます。

初めての給料明細と保険料

給料がないときのためとして失業保険

会社を退職しなければならなくなることがあります。
この時には、理由があるでしょう。まずあるのが自己都合です。

これは、労働者の側の一方的な都合になります。
よりよい会社への転職を希望したり、脱サラをする、家業を継ぐなどがあります。
良い理由もありますが、そればかりではありません。仕事が合わないと思うとき、会社がそのための対応をしてくれないことがあります。
そのままいても仕方がないので、自分の意思で退職するようにします。

自己都合以外には、会社の都合があります。
業績が思わしくないので、退職してもらうようにします。
退職するときの理由によって、その後のことが変わってくるので、安易に理由を会社任せにすることはできません。退職をしてすぐに仕事がある場合は、そのまま収入も途絶えませんが、仕事がない場合は途絶えることになります。
そのときに生活ができなくなるのを防ぐために、雇用保険から支給を受けることができます。
仕事をしていない時の給料分として給付されます。

支給される日数分ですが、加入年数により、多くなったり、少なくなったりします。
また、会社都合の場合にはすぐに支給が開始されますが、自己都合の場合は、支給が3箇月先になります。
その間は、給付がありませんから、注意しなければいけません。支給日数においても、会社都合で一定の条件に該当すると、かなり長い期間支給されることがあります。
再就職が難しい場合にそのような措置が取られます。
会社都合なのに、自己都合のようにならないようにします。

オススメサイト

Copyright (C)2017初めての給料明細と保険料.All rights reserved.