実社会へ出たら生命保険に加入すべきですが、マイカーやマイホーム購入時期に給料と支出のバランスを熟慮すべきです。

初めての給料明細と保険料

実社会へ出て生命保険に加入後、熟慮すべき給料と支出のバランス

実社会へ出て給料を得るようになると、今まで親がかりだった生活から解放されてお遣いに余裕が出てくるので、好きなスポーツに熱を入れだす者が多いですが、友人と遊びに出かけたり自動車免許の取得に向かったり、あるいは、キャリアアップを図るために希望する資格取得の研修機関に通いだしたりして若者は自在な道を歩き始めるわけです。

しかしながら、将来のことを考えれば生命保険に加入しておくべき時期でもあるのですが、何らかのきっかけがないとなかなか踏み切らないようです。

よくあるケースでは結婚を機に責任感が芽生えて加入することが多いようです。

この頃の若者の多くはマイカー購入にも熱心なので自賠責保険とともに任意保険にも加入し、万が一対策を十二分にとっておくことがサラリーマン生活に安心感を持ち続ける上で大切です。

30〜40歳代になると、子供が増えたり、マイホームを欲しくなったりするわけですが、自己資金だけでマイホームの購入はなかなか難しいので住宅ローンを組むことを検討するわけです。

この時期辺りで自分の給料に対する住宅ローン支払い額+生命保険料+び自動車保険料支払いの総計との割合を見極めて、家計とのバランスを熟慮する必要があると思います。
今後も確実に経済成長して給料が毎年上がっていくことは考えにくいので、家計に余裕が残って預貯金できるくらいでないと長期的に安心して生活できないと考えておくべきです。

住宅ローン、生命保険、自動車保険のどれをとっても欠くことのできない支出項目なので、給料とのバランスを検討する場合は自分一人で考えず、家族で熟慮すべきことが大切です。

オススメサイト

Copyright (C)2017初めての給料明細と保険料.All rights reserved.